Home

地方創生

経済力の低迷、地方衰退、少子高齢化 など

様々な社会問題があります。

日本のより明るい未来に変える為に

地域社会・地域コミュニティーの復活

心身共に健康に過ごせる街を目指します。

地域コミュニティーの課題とは?

地方都市の衰退

地方都市の衰退

2025年4人に1人が75才以上となります。
労働人口不足は583万人にのぼり、労働人口不足から都市機能が衰えていきます。
2040年には2010年と比較して人口が2/3から半減すると言われています。

コミュニティの崩壊

コミュニティの崩壊

後期高齢者が人口の25%をしめる状態ではあらゆるコミュニティーの機能の低下や崩壊が起き、今まで当たり前だった、お付き合いが崩壊してゆきます。

伝統文化の衰退

2025年に4人に1人が75歳以上となり、伝統文化を伝えるために残された時間はおおくありません。

地域コミュニティーの機能とは?

相互支援

生活に関する相互支援

2025年介護人材は34万人不足し、高齢者の5人1人が認知症になります。
コミュニティが崩壊していく中で相互支援がより重要になります。

公的機関と民間を繋ぐ

公的機関と民間を繋ぐ

2025年以降5件中1件が空家となります。 人口減少による資産価値の低下など、相続税の問題など公的機関や民間の相談先を繋ぎます。

伝統文化の衰退

伝統文化の衰退

数百年続く伝統もとぎれてしまうと復活する事はありません。 先人の技や伝統を絶やさない様に協力をいたします。

Vision

我々は活気ある日本の社会を目指します!

地域社会、地域コミュニティを復活させ、

地域から日本を盛り上げていきます。

このような街作りをする為に

心身ともに健康な街づくりを目指します!

街の健康化プロジェクトの参加をお待ちしております!

街の健康化プロジェクトとは?
みんなで心身について相談できる”街の相談所”をつくる!!

自分が住んでる街のこと、まだまだ伝えられる事がいっぱい

街の住んでいる人たちは
「不動産売却したいな」
「介護施設の相談誰かにしたいな、、」
「近所の病院の評判は?」
「相続とかどうすればいいのかな」

今住んでる街でなくても、昔住んでも、
いつも電車で通るけど降りた事のない駅。

ジャンルは問いません。みんなで、
“街の相談所”で知ったり聞いたり教えたり。

みんなで街の相談所を作りましょう!

そもそも”健康”ってどういう意味?
様々な社会問題があります。

身体的・精神的・社会的に健康である事

身体的に

身体的に

人生100年時代を生きる健康な体作り

精神的に

精神的に

老後、介護=サードライフを生きる上でのお金問題を解決し、健康な精神作り

社会的に

社会的に

身体的に、精神的にみんなが過ごせる街、健康な社会作り

街の健康相談所ができること
聞く 知る 教える

聞く

街の人が聞きたい情報を気軽に聞きにこれる

知る

街の人が知りたい情報を気軽に知れる

教える

街の先生たちが街の人に教えられる

街の健康化プロジェクトが目指す事!
街の人々がお互いに教え合いながら、地域の活性化をする

街に正しい知識・情報を取得する場所

  • サードライフへの備え
    必要な資金の見直しや、適切な保険を選択できるようになる。
  • 介護費用の節約
    介護時の税金・社会保険料等の適正化を行い資金を捻出する。

街の健康寿命を延ばす

  • 健康寿命を伸ばすことで医療費用や介護費用を圧縮する。
  • 100歳時代を自分で歩き自分で生活をする。

気軽に相談できる場を全国に広げる

タイトルとURLをコピーしました